ウーマン

簡単にパッチリ目元が手に入る埋没法|最新美容施術をチェック

メスを使わない二重手術

美容整形

元に戻すことができます

二重まぶた手術には、埋没法と呼ばれる方法があります。手術というとメスで皮膚を切るイメージがあり不安を感じる人もいますが、埋没法は針と糸を使って縫うだけでメスを使わない手術です。まぶたの裏から数か所を縫いとめる形で二重まぶたを形成します。施術を行うクリニックによっては埋没法でも、数か所の点で留める場合もあれば、線で留める場合もあります。埋没法は縫いとめているだけなので、もし仕上がりが気に入らない場合や自分の顔には二重が似合わないと感じた場合には縫い目を取るだけで元の目元に戻すことができます。埋没法は、メスを使わないため他の手術方法と比べて手軽です。そのため、他の方法と比べて料金が安く、メスを使わないため手術後の腫れが少ない特徴があります。目を強くこすると糸がとれてしまって二重がなくなってしまったり、上まぶたに脂肪が多い人には使えない方法ですが、元に戻すことも容易で低料金で施術を受けられるため、若い人にも受けやすい二重まぶた手術方法になっています。

手術後の経過

埋没法を使って手術を受けたときに気になるのはダウンタイムと術後の経過です。もともと埋没法は術後の腫れが少ない二重まぶた手術なので、痛みも少なく腫れが長引くこともないでしょう。洗顔に関しては手術当日から行っても問題ありません。縫ってある糸が切れないように目を強くこすらないように気をつけて下さい。一か月もすると腫れは完全に引いてきます。腫れがひくにつれて二重まぶたも徐々に自然な形に整ってきます。手術直後は不自然なこともあって、自分には二重が似合わないと思ってしまったり、医師の施術が失敗したと感じてしまうこともあります。一か月程度は様子を見るようにしてください。手術後1週間程度で左右のまぶたのバランスが整ってきて、1か月経つ頃にはキレイなラインの二重まぶたができています。クリニックのホームページを見てみると埋没法によって受けた経過が載っているので参考にすると良いでしょう。また、埋没法は手軽に利用できるプチ整形であり、施術前の状態に戻れることも人気の理由となっています。万が一施術が気に入らなかった場合は、抜歯することで施術前の状態に戻すことも可能です。そのため、迷っている方はまず試してみるとよいでしょう。