ウーマン

簡単にパッチリ目元が手に入る埋没法|最新美容施術をチェック

針と糸とで二重まぶたに

目元を触る女性

具体的な施術方法

二重まぶたとは、目の形に沿った溝がついている上まぶたのことです。溝があるということは、上まぶたの皮膚が内部にくぼんでいるということです。つまりその分、露出している上まぶたの皮膚が少ないわけです。皮膚が全て露出している一重まぶたと比較すると、面積が少ない分、目がパッチリと開くことになるため、二重まぶたには高い人気があります。そしてその二重まぶたにするための整形手術が、埋没法です。整形手術とはいっても、埋没法ではメスは使用されません。具体的には、まずは上まぶたを裏返し、そこに針と糸とを通します。そして通した糸を引っ張ると、上まぶたの表面は局部的に埋没します。そしてそれにより溝ができ、上まぶたは二重まぶたの状態になるわけです。埋没法は、メスを使用しない分、施術時間が短く、安全性が高い点が特徴となっています。具体的には、施術時間は片目につき10分程度ですし、施術中の出血はほとんどなく、施術後の腫れも数日程度で目立たなくなるのです。そのため、二重まぶたになることを希望する多くの人が、埋没法を選択しています。

糸が外れても安心

上まぶたに通した糸は、しっかりと引っ張った状態でコブ状に結ばれます。これにより上まぶたの溝は、維持されるのです。しかし目元を強くこすったりすると、その衝撃によって、結んだ糸が外れてしまうことがあります。その場合は、元の一重まぶたに戻ることになります。ところが中には、施術後の保証期間内にそのような状態になった場合には、無料で再び施術するという美容外科もあります。保証期間は、1年や2年ほどのことが多いですが、3年以上としている美容外科もあります。メイクや洗顔などで目元に刺激を与える機会の多い人の場合、そういった美容外科でなら、より一層安心して施術を受けることができます。また、施術後に月日が経過すればするほど、上まぶたには溝の癖がついていきます。完全に癖がつけば、たとえ糸が外れたとしても、上まぶたは埋没した状態のままとなります。つまり、一重まぶたに戻る可能性が低いわけです。このように、本物の二重まぶたになれるという点も、埋没法のメリットのひとつとされています。